調査機材から探偵のことを調べる
探偵の調査機材から見る探偵の調査力について解説します。調査機材の性能によって調査の成功率が上がることがあります。

依頼先探しをしている時に探偵の調査機材に着目する人は、探偵について結構情報を集めている人かもしれません。

探偵が調査機材に力を入れるのは、依頼者からすれば当然のことの様に感じますが、実際のところあまりそうではないようです。近年、市販されている映像録画機器やデジカメの性能が上がり、それらの機材だけで調査を行っているところもあると聞きます。
例えば夜間撮影の多い浮気調査では、夜間ピカピカ光るネオン街での証拠の撮影や暗闇の中での証拠撮影は、市販の撮影機材だけではそれぞれ問題がある場合があります。

ネオン街ではせっかく証拠画像や映像を撮っても、ネオンの点滅によりハレーションを起こしてしまい、撮影したのに対象者の顔がはっきりしない、相手が写っていないなど証拠にならないような画像や映像が出る可能性があります。また街灯のない暗闇の中では、市販のカメラや録画機材では性能のいいナイトモードがあっても距離を取っての撮影は難しく、発覚のリスクを冒し接近して撮影を行わなければならなくなってしまうこともあるようです。
機材についての質問を、機材に力を入れていない探偵に投げかけると、「調査力があるので、必要ないです。」と言われるケースがあるようです。機材に力を入れていないが故に、証拠取得のチャンスを逃すこともあります。またせっかく撮影できても、証拠能力が低く、話し合いの場で証拠を覆されてしまうこともあります。機材に力を入れ、状況にあった専門機材を導入することは、証拠取得のチャンスを広げるだけでなく、距離を取り撮影を行える、過酷な状況でも鮮明に証拠取得を可能にする。調査発覚のリスクを下げることにもなり、また機材を導入する資金力もあり、探偵自体の経営状況もよい。考えようによっては、調査依頼がそれなりに入っていることが分かるのです。

探偵の調査機材を見ることは、調査力に力を入れ千恵ることが分かるだけでなく、調査に対する姿勢も見えてくるものなのです。